2012年08月23日

Windows Server 2008 R2 で IEのセキュリティを解除

Windows Server も 2003までは特に問題なかったが、2008,2008 R2 になってセキュリティがかなり強固になってしまい、サーバーのセットアップでどうしてもネットからActiveXなどをインストールしなければならないときに拒否されてしまう事態がよく起きる。
最初はインターネットオプションでサイトを信頼済みに配置したり、レベルのカスタマイズを行ったりするのだが、それでもダウンロードできないこともある。
そこで一番手っ取り早く一連のセキュリティをデスクトップOS並みにする方法を紹介する。

IEを起動すると下図のように「Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっています」と表示される。これを無効にするのだ。
セキュリティ強化が有効

その方法は Windows Server 2008 R2 の場合以下の通り
1.サーバーマネージャのセキュリティ情報にある「IE ESC の構成」をクリック
サーバーマネージャ

2.ログオンするのは大抵Administratorグループのユーザーなので、そのグループのみ「オフ」に変更
IE ESC の構成

これにより、IEのセキュリティ強化の構成は無効(下図)になり、今まであれほど拒否されてきたダウンロードもすんなり実行される。ただし、用が済んだら元に戻しておいたほうが良いだろう。
セキュリティの強化が無効になった

posted by なっちゃん at 11:17| 静岡 ☀| コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

5年前に購入したDell Vostro1000 のHDDをSSDに換装

このノートPC(Windows XP Home)は妻が使っているのだが、起動は結構早い。2分以内にはデスクトップが現れる。
しかし、そのあとの動作が遅すぎる。止まっているのかと思うほどアプリの起動に時間が掛かる。
ぼちぼち買い替え時かとも思うが、XPから7になったら使い勝手が変って妻が使えなくなる可能性が高いので今流行のSSDに換装してみることにした。ネットの情報を見てもかなり効果が高そうだし、値段も下がったのでちょうどいい時だと決心した。

内蔵HDDは60GBなので、SSDもIntel SSD 330 60GB(SSDSC2CT060A3K5)を買った。
換装は思った以上に手間取った。ディスクのクローンはIntelのツールを使っても他の無料・有料のツールを使ってもことごとく途中でエラーを起こして失敗した。
仕方なく、一度HDDのバックアップをとった後、SSDに入れ替えWindows XPのクリーンインストールを行い。その後で先のバックアップからCドライブのパーテーションの復元をして無事換装できた。

■HDDの時
HDDの時

■SSDの時(Acronis AlignTool Intel SSD Editionでアライメントの調整済)
SSDのとき

書き込み速度がもっとあってもいいように思うが、十分早くなった。満足!
posted by なっちゃん at 13:03| 静岡 ☀| コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする