2008年09月24日

平原綾香の歌う「千と千尋の神隠し」

「久石譲in武道館」コンサートの模様がBS2で昨日放映された。
そのなかで特に印象に残ったのが平原綾香の歌った「千と千尋の神隠し」のテーマ音楽「あの夏に(いのちの名前)」と「ふたたび」である。
このうち「ふたたび」は今回のコンサートのために初めて詩が付けられたもの。

平原綾香についてはジュピターを歌った人ぐらいしか知らなかった。
今回初めて彼女の歌う2曲を聴いて大変感動した。素晴らしい歌唱で、どちらかといえば低音の声が特徴的だと思っていたがこの2曲には美しい高音が印象に残る。特に「ふたたび」では別人の声のように聞こえるほど澄んだ美しい声を聞かせてくれる。
また歌っているときの気持ちを込めた振りや表情も良い。(歌い終わった後、久石と交わす笑顔も素敵である。)
久石譲のメロディも大変美しいので本当に見事なものだった。
「いのちの歌」はCDが出ているが、「ふたたび」もぜひCDで出して欲しいものだ。
晩夏(ひとりの季節)/いのちの名前
晩夏(ひとりの季節)/いのちの名前荒井由実 覚和歌子 松任谷正隆

おすすめ平均
starsすばらしい
starsこの2曲はとてもいいですよね
starsこれぞ極上の音楽! 出会えたことに感謝! 買ってよかったです
starsダントツいい
starsいのちの名前

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このCDを買った頃「いのちの名前」ばかり聞いていたが、「晩夏」を最近になって聞いたところ良さがわかってきた。
これもとても良い。しみじみと聞かせてくれる名曲だ。ユーミンの曲は決して古くならない。

ついに「ふたたび」が収録されたCDが発売されるらしい。(2009.01.23)
朱音朱音
平原綾香 谷村新司 鈴木麻実子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CDが届いたのでさっそく聴いてみたのだが、全然良くない。
がっかりした。ステージで歌ったときの透明さが全く無い。
アレンジも良くない。何でこんな編曲にしたのだろう。
平原綾香という人は、わざと変な声で歌いたいのだろうか。
何故まっすぐ澄んだ声を出して歌わないのか。
歌えるのに歌わない。イメージに合わないと考えているのだろうか。(2009.02.24)


posted by なっちゃん at 12:14| 静岡 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。