2006年03月13日

オンラインソフト作家の確定申告

今朝税務署に行ってきた。土・日にかけて「あーでもない(--;こーでもない(^^#」と散々頭を悩ませてようやく確定申告書・収支内訳書を作り上げた。

これまで毎年医療費の控除で確定申告はしていたが、昨年から始めたシェアウェアの売上げが20万円を超えたためこちらの申告が必要になったせいなのだが、判らないことだらけでどうしたものかと思い悩み、今回はパスしようかぁ(^^;などと一度は諦めかけたのだ。が、後で未納がばれて追徴課税されるのも嫌なので頑張って何とかまとめあげた。

本を買ってみたもののやっぱりよく判らないのでAmazonで評判の市販ソフト「やるぞ!確定申告 2006」を買ったのだが、これも途中まで作ったらその後がどうもよく判らない。一応データを入れてみたのだが、納める税金が全然変だ。何か間違っているようだがどこが悪いのか判らない。
いろんな事例サンプルをみても、副業をもつサラリーマンの例ではほとんどアルバイト先からの支払調書があったりして、そんなものは無い自分の場合がどうなるのか皆目わからない状態が続いた。

そもそも、申告書Aを使うのかBを使うのか迷った。迷ったらBだと何かの本に書いてあったので申告書Bにしたがその場合に必要になる収支内訳書をどう書くものかも迷った。シェアウェアは特定の取引先だけの売上ではないのでこれまでのユーザー分全て書くのだろうか?そんなに書くところ無いじゃん。どこまで書けばよいのかなどと独り悩んでいた。が、よくみたら「上記以外の売上先の計」とあるのに気が付いた。ほー(^o^;ここにまとめて書いちゃおう。固有名詞で書くのはカスタマイズをした会社にすれば何とか体裁がつく。とこの辺りから楽になった。結局ソフトは使うのを止めて国税庁のHPにある作成ツールを使うことにした。こちらの方が所得の欄や控除の欄に記入する項目が源泉徴収票のどれにあたるのか、色分けして判りやすく対比されていたのでとても便利だ。一応それなりにできたが、やはりちょっとオカシイ。いつもなら医療費控除で還付される金額がもう少しあるのにこれだとほとんどない。そこで、前年度の申告書の控えを元に平成16年度版で作成してみた。そこでハタと気づいたのが扶養家族のうち母に老人の扱いを忘れていた。このため扶養控除が少なかったのだ。これを正しく入力すると16年度の申告内容は控えとピッタリ合った(^^)v.
後はシェアウェアの売上と経費を正しく入れれば17年度確定申告書は完璧だと確信した。

こうして2日掛けて作り上げた申告書をもって税務署に向かった。
締め切りを二日後に控えた今日13日、さぞ混んでいることだろう思って朝8時半には着いたのだが、駐車場はガラガラ。はてな?と思って見上げると税務署の屋上から垂れ幕が下りて、そこには申告は○○文化振興センターで行っていると書かれていた。
えーココじゃないの?と思ったが、まさか税務署で申告できないはずは無いと思い入ってみると、確定申告は2階の総務課へと案内があったのでホッとして階段を上がって行くと、やはりここもガラガラ。しかも受付で書類を渡して控えにハンコを打ってもらったら、これでおしまい。ものの5分と掛からないで税務署をでた。内容をチェックされるのかと思い、売上内容や経費の根拠となる領収書の類を持っていったのだが、その必要も無かった。郵送でも良いとあったのだから当然なのだがもっと確認しながらやるものかと思っていたのだ。あの内容で良かったのかどうか自分でも実際のところ確信が持てない。
もし内容に不備があればいずれお咎めの連絡があるやも知れない、やだなーと不安に思いながら仕事に向かった。
後で市役所のHPを見たら、○○文化振興センターでは申告書の作成アドバイスを行っているとあった。きっとそこには大勢いたのだろう。ただそこは申告書Bのアドバイスはしていないので自分が行っても無駄のようだ。とりあえず書き上げたからよかったが何となく不安だ。

やるぞ!確定申告 2006

やるぞ!確定申告 2006
やるぞ!青色申告 2006 やるぞ!青色申告 2006 ライト版 ミロクのかんたん! 青色申告 弥生会計 スタンダード 06 Microsoft Money 2006
by G-Tools

申告からしばらくして、税務署から「振替納税のお知らせ」が届いた。
申告時に「預貯金口座振替依頼書」を出しておいたので納税が4月20日まで遅らせることができるものだ。
開いてみると自分が申告した金額通りに納税額が記載されていた。ホッ(^.^; どうやら問題無かったようだ。またしばらくたって「領収証書」も届いた。やっとこれで終わったのだと安心した。


posted by なっちゃん at 23:04| 静岡 ☀| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。