2010年06月30日

2010ワールドカップ敗退

PK戦の勝利は運以外のなにものでもない。
オリンピックでは中田英寿も失敗した。
ワールドカップではロベルト・バッジョも失敗した。

今回の16強には前回の予選敗退が生きている。
ならば次回ワールドカップに今回の決勝トーナメント1回戦敗退が生かされるはずだ。
引き分けに持ち込まず90分で勝てる力が無ければ駄目だということ。

でも、本大会まで不調だった日本代表が何故期待を裏切る(良い意味で)活躍ができたのか?
思うに、不調だったからこそ結束し丁寧な戦いに集中できたからではないのかと。
前回ドイツ大会では前評判は悪くなかったはずだ、ところが初戦でまさかの逆転負け。
これがチームの集中力を解き、自信を無くさせてしまった。
今大会も初戦のカメルーン戦で負けていれば更に自信を無くして全敗したことだろう。
人間のすることだから予想外の展開が起きる。それはサッカーに限らず全てのことに言える。

日本はワールドカップ出場経験がまだ少ない。毎回出場して経験を積むこと、それと本田のように海外で活躍する選手がもっと増えないと全体の実力は上がらないと思った。



posted by なっちゃん at 12:34| 静岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。