2010年08月04日

ハイビジョンテレビとBlu-Ray

最近Blu-Rayレコーダを購入した。一番の理由は最近の映画でDVD版と比べBlu-Ray版の方が特典映像が多く収録されるようになってきたからだ。確かに値段はまだ高いが、徐々に安くなっているし今後はBlu-Rayがメインの状況になるだろうからだ。

最初は再生専用プレーヤーでも良いかと考えたが、3年前のDVDレコーダ並みの価格に下がってきたので、思い切って録画機能付きを購入した。
早速レンタルでBlu-Rayの映画を借りてみたのだが、やはりDVDでは十分にハイビジョンテレビの性能を生かしきれていないと実感させられた。(注:我が家のテレビはフルハイビジョンではない)

それまではあまり意識しなかったが、DVDでは明らかに滲んだようにぼやけているのがよく判る。それほどBlu-Rayでは鮮明に映っているのだ。特に字幕はジャギーが無くくっきりして気持ちよい。
37インチ以上の大画面ではBlu-Rayでようやく普通なんだと感じる。DVDはハイビジョン規格の前に出来たものだから地上デジタル放送やBS-ハイビジョンの画像を綺麗に映し出すハイビジョンテレビではDVDの解像度が余計劣って見えてしまうのだ。




posted by なっちゃん at 12:58| 静岡 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。