2011年03月02日

レジストラ移管の手続き

独自ドメイン(onegland.net)を取得したのはかれこれ9年前になる。
当時は固定IPを取得していなかったのでダイナミックDNSでも独自ドメインを取得できる方法を探して「全部フリーソフトで作る自宅サーバー for Windows」という本に記載されていたGoDaddyという外国のレジストラとEditZoomというこれも外国のDNSサービスを利用して立ち上げた。



GoDaddyは日本円で年額千円未満という低価格で.NETドメインを取得できた。
それから毎年、慣れない外国のHPを翻訳ソフトで確認しながら更新していたのだが、最近ホームページを移転した会社の関連サービスで年950円でドメインを持てることを知った。しかもレジストラ移管もHP上から行なうことができる。

さっそく移管手続きを行なった。.NETドメイン等の移管にはAuthCodeと呼ばれる認証コードを現行のレジストラから取得する必要があるが、GoDaddyにはアカウントの画面からメールで取り寄せることができる。但し、移管の際にはロックを解除しておかないと移管申請が拒否される。(下図)

・AuthCodeの取得
AuthCodeの取得
・ロックの解除
ロック解除

申請後、現在のレジストラGoDaddyから移管の確認メールが届いた。英文を翻訳してみると、放っておけば一定期間後自動的に申請を受け付けてくれるようだが直ぐに変更したかったので、サイトからAccept(受諾)を行なった。そうして移管申し込みから約5時間後移管は全て完了し、WHOISで調べてみると新しいレジストラに情報が変わっていた。



posted by なっちゃん at 12:32| 静岡 ☔| コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。