2011年03月07日

オンラインソフト作家の確定申告:6年目は特に新しいことは無い

今回は特に新しい試みはない。昨年と同様に妻の白色申告書(書面で提出)と私の青色申告書(電子申告)を作成した。
唯一特記すべき点があるとすれば、例年申告最終日までかかっていた作業が締め切り10日前の3月6日に完了したことだ(本当は2月中に終えたかったのだが)。それだけ慣れてきたということか。
今年も住宅ローン控除のお陰で収めた税金は全て戻ってくる予定だ。

あと、申告内容ではないが昨年まで使っていたPCが古くなって新しいPCに環境を移し変えることになった。その際、青色申告用ソフトとE-TAX用の各種ツール、カードリーダーなどを移転させる必要があったが、これも心配することは何も無くすんなりと完了した。

それにしても、毎年思うことだが国税庁の確定申告書等作成コーナーは実に良くできていると思う。私もWebアプリを開発しているが、作るならこういう風に作るべきだと思わず唸らせる程見事な出来栄えだ。不特定多数の様々な人の操作に耐えられる機能が満載である。記入漏れチェックや必須項目への確認の案内など場面に応じた的確な誘導が見事だと感心する。しかも毎年少しずつバージョンアップされてますます使い勝手が良くなる。作成途中でのデータ保存もでき、前年度のデータを読み込ませれば氏名・住所・扶養家族などの毎回ほぼ同じ内容のところは引き継がせることができる。また、書類は全てPDFで作成されるので印刷・保存が自由自在だ。

その後3月30日に申告通りの金額で還付された。
申告から3週間後とアナウンスしている割に今回は少し遅かった。
震災の影響もあったのかもしれない。


posted by なっちゃん at 12:48| 静岡 ☔| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。