2006年08月06日

「ゲド戦記」を観て

昨日の土曜日に家族3人で観に行った。
娘と妻は共に良かったと言った。中学3年の娘はとても感動したようだ。これまでのジブリ作品では一番感動したと言った。妻は前回一緒に観た「千と千尋の神隠し」と同じく「名前」が重要なモチーフになっていることに感心したように感想を述べた。またクモ役の田中裕子がすごく上手いとも。

で、私だが、二人には言わなかったがかなり不満を持っていた。
良くも悪くも新人監督らしい作品で、いい部分もあったがそれ以上に不満が大きかった。ちょうど小説、特に純文学を読むような印象をもった。真面目であるがユーモアが下手、あまり読者(観客)のことは意識しない・・・というか意識する余裕がない・・・というより本人は読者サービスのつもりなのにそれが伝わってこない・・・・方法がわかってない。つまり経験不足なのだ。
これまでみたジブリ作品では一番物語りに集中できなかった。映像を追うよりも観客の静まり返った様子が気になってしまう程、話の展開が退屈に感じてならなかった。
これはハリウッド風の観客の興味を逸らさない展開とは異質のもので、先に書いたように小説を読むような感じなのだ。小説は作家一人で作るものだからまず第一に作者の思いが優先される。特に純文学はそれが顕著だ。したがって最初は退屈でなかなか興味がもてず、我慢して読み進めていくうちに徐々に興味が沸き、ある時点からようやく全体が見え始め、核心に至り一気に面白くなるものがある。それに似ていた。
さんざん不満を述べたが、実はとても良かったのも事実なのだ。アニメーション(映像の美しさ・動きの見事さ)の質はさすがジブリ作品で堪能した。また、これまでにない主人公の表情(目を剥き出した主人公はこれが初めてではないだろうか)と性格(テルーに「命を大切にしないやつなんかだっ嫌いだ」と言わしめた自暴自棄でニヒルな部分)に驚いたし新鮮だった。岡田准一の声はちょっと低くてアレンの顔のイメージに合わないと最初は思った。テルー役の新人手嶌葵は意外に良かった。朴訥なキャラクターの感じがぴったりあっている感じだった。
実際の映画を見る前に予告編やテルーの唄など事前に情報を取りすぎていたのが災いして、素直に鑑賞できなくなってしまったのも不満の原因かもしれない。DVDが出たらもう一度落ち着いて観たいと思う。

原作を買ってみたものの、忙しくてほとんど読んでいないので(^^;
どの程度変わっているのかよく判らないが、ゲドやテナー、そしてクモの過去の関係がよく判らないのでいまひとつ消化しきれない部分があった。また娘が感動したという生と死についての主人公達のやり取りも、もうひとつ私には訴えてこなかった。言葉で直接説明するより、行動とさりげないセリフで暗示させてくれた方が私は好きなのだが、ゲドの立場でアレンに語ればこのようになるのは当然なのかもしれない(原作もそうらしい)。
一つ気になったのは音楽(情景・効果)の付け方である。すこし多用しすぎだと思うほどいつも鳴っている感じがした。物語の盛り上がりを音楽で煽るようだと返って興ざめする。

一番良かったのは残り15分くらいからラストにかけて。これでこれまでの不満がほぼ解消された。
テルーは竜の化身だったのか?それとも竜がテルーに乗り移り蘇生させたのか?ゲドが彼女を最初に見たときに不思議がったところが暗示のように思うが、原作にはテルーは出てこないじゃないか?
この点に関して今ウィキペディアで調べてみたら、テルーは映画の原作になった3巻目ではなく4巻目以降にでてくるらしい。(参考)ウイキペディア「ゲド戦記」
また、映画はオリジナルとは異なり3巻以降を独自に脚色したものだという。なあるほど。

ジブリホームページの監督日誌や製作日誌をこまめに見ていたので、やや厳しい評価になってしまったがそれなりに良い作品だと思う。単純なテーマでないので本当に味わうには少し時間が掛かるようだ。


ゲド戦記 全6冊セット
ゲド戦記 全6冊セット
アーシュラ・K・ル=グウィン 清水 真砂子

関連商品
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)
スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
ブレイブ・ストーリー (上)
by G-Tools




posted by なっちゃん at 13:21| 静岡 ☁| マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。