2006年08月11日

新鮮な「TSUNAMI」

サザンオールスターズの名曲「TSUNAMI」を知らなかったわけではないが、新垣勉の歌う「TSUNAMI」を聴いて初めて心底感動した。
もともと桑田佳祐の歌(い方)は好きじゃないのでCDも持ってないしこれまでサザンの曲を聴くことはなかった。しかもオリジナルを買ってみたがやはり新垣勉の歌を聴いたときの感動には及ばなかった。メロディーの良さは認めるが歌の雰囲気が桑田のものでは何も訴えてこなかった。(多分繰り返し聴くと判るんだろうが、そこまでする気になれない)。

新垣勉の「願い~愛と平和の歌」は、たまたまレンタルショップで借りたうちのひとつだった。
以前買ったアルバム「出逢い 〜我が心の歌〜」は本人の好きな歌謡曲の名曲を歌ったものだが大変素晴らしいできで、特に美空ひばりの「愛燦燦」や尾崎紀世彦の「また逢う日まで」、イルカの「なごり雪」などはオリジナルよりはるかに素晴らしく感動した。新垣を一躍有名にした「さとうきび畑」もいままでに聴いたことのない見事な日本語の歌唱でいっぺんにファンになった。それからしばらく新しいアルバムを買うこともなかったのだがレンタルショップで5枚で1000円というキャンペーンをやっていたせいで(^^;気楽に借りたものがこの「願い~愛と平和の歌」だった。

自宅でソフトを作りながら聴いているうちに、ある曲で異様に感動して「これ何の曲だろう?」と思いジャケットをみたら「TSUNAMI」と書いてあった。
「これがTSUNAMIだったのかー?」と初めてこの曲の美しいメロディと歌詞に気づいたわけである。

新垣勉の歌う歌は、特に日本の歌謡曲は彼独自の解釈(歌唱法の違いもあるだろうが)で新しい歌のようになる。

願い~愛と平和の歌
願い~愛と平和の歌
新垣勉 カルダーラ 淡海悟郎

関連商品
出逢い 〜我が心の歌〜
さとうきび畑
命どぅ宝(ぬちどぅたから)~沖縄の心 平和への祈り
ひとつのいのち、ささえることば
Amazing Grace
by G-Tools





posted by なっちゃん at 11:40| 静岡 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。