2012年03月12日

オンラインソフト作家の確定申告:7年目、e-TAXで使う電子証明書を更新

住民基本台帳カードの有効期限は10年だが、そこに入れる電子証明書の有効期限は3年になっている。
そこで今年の正月休みに市役所で更新手続きに行った。が、担当者の言うにはまだ3月X日まで有効なので
今から更新しても良いかと尋ねてきた。私にしてみれば、3年毎に更新する頭でいたので、まだ使えるうちに換えるのはもったいないという発想がなかった。考えてみれば有効期間内に申告してしまえば更新は来年でも何の支障も無い。一瞬迷ったが、毎年申告締切り間近に提出しているのでもし間に合わなかったらまた手続きに来るのは面倒だと考え、予定通り更新することにした。

電子証明書の更新で注意が必要なのは、更新手続きをしただけではまだ完了ではなく、e-TAX側にも再登録の手続きが必要なことである。ただし、再登録自体はすぐ済むので、申告データが完了してからでも問題は無い。
私も、再登録してない状態でデータを送信してエラーになって初めて再登録を行った輩である。

今回も国税庁の確定申告書等作成コーナーで申告を行ったが、毎年システムが更新されていて使い勝手が良くなっている。
今回最も便利だと思ったのは、「青色申告決算書・収支内訳書」のデータと「所得税の確定申告書」を自動で結合して送信してくれることだ。
以前は申告書を送信する前に、結合する決算書ファイルを指定する欄があったが、うっかりしてそのまま送信してしまい、後で再度送り直したことがある。その時はすぐに気が付いたから良かったものの、そのまま放っておいたらどうなったことか。

今回も税金はすべて戻ってくる。予定通り還付されることを願っている。

3月26日(月)e-TAXからの通知メールで還付金の処理状況が更新されたと連絡が来た。
状況をサイトで調べると、今週28日(水)に支払い手続きを行うと記載されていた。
3月11日の申告から17日目だ。昨年は震災もあって少し遅れたが、今年は例年並みに戻ったようだ。


posted by なっちゃん at 12:53| 静岡 ☀| 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。