2005年04月13日

Windowsアプリ開発のVB.NETとWeb開発のVB.NET(ASP.NET)

開発ツール「Microsoft Visual Studio .NET」ではVB.NETを使っている。最初に業務で使ったのはWebアプリ開発用のASP.NETだった。ASP.NETといっても言語タイプはVB.NETだから全く別物というわけではない。しかし、Windowsアプリ用のVB.NETは、ASP.NET上のVB.NETとは比べ物にならないくらい手間取る。VB6までの仕様と大きく異なるせいだが、ASP.NETの開発ではそれが目立たない(Webではシステムリソースを直接扱うプログラミングが不要だからとも言える)ため、それほど苦労は無かった。
VB.NETの入門書を読むと実に高度な処理が簡単に行えることが書かれている。実際VB6では苦労した箇所が簡単になったものが多々ある。しかし、従来のアプリケーションで必要としていた極普通の処理が、一体どうやったら出来るのか途方に暮れることがある。
最初の問題は、プログラムの環境変数とも呼べる状態変数の保存先としてよく利用していたiniファイルの読み書きだった。.NETになってからXMLでの状態保存が推奨されるようだが、やってみると初回まだ変数が存在しない段階では読込みできないとか、変数がバージョンアップ等で追加されたりすると今までのが使えないとか・・・いろいろ不便なことが分ってきた。そこで従来のWin32APIを使った方法でやろうとするが、APIの利用方法がどうもこれまでと異なるらしい、VB6のLong型は.NETではInteger型になるし、ユーザー定義型変数を引数にする場合は、マーシャリングとかを使う必要があるとかなんとか(^^#
あちこち探したがINIファイルの読み書きをVB.NETで実現する方法がなかなか見つからなかった。
ようやく、最近になってMicrosoftが「VB マイグレーション Tips」の中で「INI ファイルと構成ファイルの読み書き」http://www.microsoft.com/japan/msdn/vbasic/migration/tips/INIfile.aspx のサンプルを掲載して解決した次第である。サンプルを見ると以外に簡単な変更で済むことが判ったので、仕様さえ充分理解できるようになれば.NETは強力な開発ツールになるはずだ。
そこまで行くにはまだまだ時間が掛かるが・・・。


posted by なっちゃん at 10:26| 静岡 ☁| ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。