2005年09月29日

ポータブルスピーカーの威力

MP3プレーヤー(Woodi WD-S1)を運転しながら聴くのに、ヘッドフォンではケーブルが邪魔になる。FMトランスミッターで飛ばすとチューニングに苦労する(アナログ式なので微妙な手加減ですぐズレて雑音が入る)。電源が要らないスピーカーでは音量が足りず運転中はほとんど聞き取れない。
もっと簡単に安定して使えるスピーカーを探していたところクリエイティブ・メディア社の「TravelSound 200」を見つけた。Amazonでの評価も高く、ポータブルスピーカーとしては高価だと思ったが、それまで安物買いで結局使い物にならなかったので購入することにした。

Creative ポータブルスピーカー TravelSound 200 ホワイトモデル TS200-W
Creative ポータブルスピーカー TravelSound 200 ホワイトモデル TS200-W


聴いてみて本当に驚いた。素晴らしくクリアな音質で、ステレオ感も凄い(Wide Stereo EffectをON)。左右のスピーカーの間隔は10cmほどしかないのに、50cm以上も離れたところから音が聞こえてくる感じがする(MP3プレーヤー側のサラウンド機能も効いているが)。出力も十分過ぎるほどある。単3乾電池4本と重量もあるが車内に置くには安定感もでて都合がよい。
中・高音域が特に優れていてお気に入りのヘイリーのアルバム「オデッセイ」を聴くと、これまでより数枚ベールが取り除かれたようなピュアな声に改めて感動した。一度この音を聞いてしまうともう今までのスピーカーで聞く気が無くなるほどである。

オデッセイ
オデッセイ


さっそく、PC用に同じメーカーの「I-TRIGUE 2200」を注文した。
9月30日に届いてさっそくPCに接続して聞いてみた。で、ビックリ!!
全然良くない!!(^^#それまで使っていたスピーカーと同じにしか聞こえない。
これはどういう訳だ?不良品か?と思ってPCからの音源ではなく、MP3プレーヤーに接続して聞き直してみたところ、ホッ(^o^;良い音になった。問題は音源(ソース)側にあったと判明。
いくら良いスピーカーを付けてもソースが悪いとそれなりの音しか出ないのだと納得した。
自宅のPCはDellのDEMENSION 4400。Soundボードはスピーカーと同じCreateve社の「Sound Blaster live! Value Digital 1024」である。いろいろ調べてみるとWindowsMediaPlayerで再生するとヘイリーの歌声が割れるのに、Creative PlayCenterでは割れないのが分かった。ソフトウェア次第で出力内容にこうも違いがあるのかと思ったが、逆に工夫(チューニング)次第で既存のシステムでも質を上げることが可能だと判った。

「I-TRIGUE 2200」は一体型の「TravelSound 200」と比べてスピーカーが左右別々なので音の広がりと低音が良くなって重厚感が増した。でも「TravelSound 200」の高品質な音を再認識もした。小さい割りに本当に良い音を出す。コストパフォーマンスから言えば圧倒的に「TravelSound 200」が上だ。

Creative 2chスピーカー I-TRIGUE 2200 ITR2000
Creative 2chスピーカー I-TRIGUE 2200 ITR2000



posted by なっちゃん at 18:33| 静岡 ☔| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。