2008年05月23日

ピアノの森・15巻(限定版) 物語も音楽も見事に生かした限定版仕様

さんざん待たされた挙句の発売日の今日、近くのショッピングセンターにある○○屋書店に電話したところ、ピアノの森15巻が入荷しているのを聞きつけた。更に限定版の方は1冊だけ入荷していることを聞き、とりあえず取り置きしてもらい昼休みに出かけた。
限定版に付いているショパンコンクールの課題曲を収録したCDが誰の演奏家を確認しないと買う気になれなかったので(^^;

だが、ネットでいろいろ調べてみるとどうやらアニメでも演奏したアシュケナージと判明したので安心して購入した。
限定版の帯には「カイの音が聴ける!」と書いてあったが「カイの音?」とは何ぞやと考えてみると、これはもうアニメで使われたアシュケナージの演奏のこと以外にはないではないか。

ピアノの森 15 限定版 (15) (プレミアムKC)ピアノの森 15 限定版 (15) (プレミアムKC)
一色 まこと

講談社 2008-05-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CDの収録曲は以下の通り
・エチュード ハ長調 作品10-1
・エチュード イ短調 作品10-2
・ノクターン 第3番 ロ長調 作品9-3
・ワルツ 第8番 変イ長調 作品64-3
・ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2
・ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1「子犬のワルツ」
・バラード 第4番 へ短調 作品52
・24の前奏曲 作品28から
 第13番 嬰へ長調
 第14番 変ホ短調
 第15番 変ニ長調「雨だれ」
 第16番 変ロ短調
 第17番 変イ長調
 第18番 へ短調
 第19番 変ホ長調
 第20番 ハ短調
 第21番 変ロ長調
 第22番 ト短調
 第23番 へ長調
 第24番 ニ短調


家に戻って(帰宅途中で半分程読み、いよいよカイの演奏の前で一旦止めた)CDを聞きながら続きを読んだら、確かにカイの演奏の順番通りにCDが収録されているのが判った。そこでもう一度カイの演奏場面に合わせてCDを最初から聞きなおすと、オオッ素晴らしい!!エチュード作品10-1と10-2の演奏が、会場に与えた風の雰囲気が見事に伝わってきた。この曲目の順番は絶妙と言える。

アニメで初めてピアノの森のピアノが鳴った。普通は読者の想像の音で彩られた物語が、実際の音楽と共にそこにあると一層感動が増すのを実感した。
優れた映画音楽がそうであるように、また適切な解説がされたクラシック音楽がそうであるように、感動を一層深めてくれる。

ショパンをほとんど聞いたことがないせいもあり、曲名だけではどんな音楽なのか全くわからない。また曲だけをただ聴いただけではその良さにも気がつかない。
それがこの物語と音楽が出会ってその両者が共に互いを助けてこれまでに味わったことのない感動を呼び起こしてくれる。

「ピアノの森」の優れた魅力の一つに、絵のみで音(音楽)を聞かせるところがあるが、ショパンコンクールという実際の現場でショパンのピアノ曲という現実の音がある以上、演奏曲を聞かずして本当のカイの戦い(生き様)を知ることはできないのではないか・・・とこのCDを聞いて初めて気が付いた。

この付録は15巻に限って言えばベストマッチングだと思う。
今後二次予選、本選へと続く(と思うが)なかで同様の限定版がでるようであればぜひ買いたいと思うほどだ。


posted by なっちゃん at 12:50| 静岡 ☁| マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。